ロスミンローヤルの効果

ロスミンローヤルを授乳中や妊娠中に飲むのは危険?

更新日:

ロスミンローヤルを授乳中や妊娠中に飲むのは危険?

ロスミンローヤルは、シミや小ジワに効果を期待できる医薬品として、美容面の効能が注目されがちです。

しかし、ロスミンローヤルは、実はそれと同時に授乳中や妊娠中の栄養補給にも役立ちます。

例えば、公式ホームページでも紹介されているように、ロスミンローヤルの効果効能には「妊娠授乳期や病中病後などの栄養補給」もきちんと含まれています。

ただし、医薬品の中でも副作用のリスクが低いとされる第三類医薬品に分類されてはいるものの、体質などによっては強い副作用が起こってしまうケースも考えられます。

そのため、体調管理に特に気をつけたい授乳中、妊娠中には、必ず医師へ相談してから服用するようにしたいですね。

ロスミンローヤルは授乳中や妊娠中にも服用できる?

妊娠中・授乳中でも 服用OK

ロスミンローヤルは、妊娠授乳期でも飲むことができます。シミのケアや栄養補給に役立つでしょう。

授乳中でも飲んでもOK!

肌ケアと栄養補給の ダブルにアプローチ!

ロスミンローヤルは、妊娠中や授乳中でも服用することが可能です。

胎児や赤ちゃんの生育のために、通常よりも多くの栄養が必要になりますが、ロスミンローヤルの公式サイトでは、妊娠授乳期のほか、病中病後や食欲不振の際にも栄養を補う効能があると書かれているため安心できますね。

また、授乳中は子どもへの影響が心配なため、口にするものや肌に塗るものには特に気を付けたいデリケートな時期です。

しかし、ホルモンバランスが通常とは異なることから、シミなどの肌トラブルも起こりやすく、どうにか対策を取りたくなる時期でもあるのです。

その点、ロスミンローヤルだと、肌トラブルへのケアと栄養面でのケアの両方にアプローチできるので、悩みを抱える妊娠授乳期の方にはぴったりの医薬品だといえるでしょう。
(参考元:公式サイト

授乳中にうれしい効能(1)シミのケア

シミ・ソバカス・肌荒れを 和らげる女性向け医薬品

授乳中や妊娠中に気になりやすい肌トラブルのひとつがシミです。

妊娠してから、急にシミが目立つようになってきたという方もいるのではないでしょうか。

そんなときにおすすめしたいロスミンローヤルは、肌にできてしまったシミやそばかすを改善するとともに、肌荒れなども和らげてくれる女性向け医薬品です。

生薬成分が9種類、そして有効成分が22種類も配合されているのですが、その中にはシミの改善に働きかけてくれる成分も複数含まれています。

例えば、L-システインはアミノ酸の1種で、シミの素になるメラニン色素の生成を抑え、肌に透明感をもたらしてくれます。

さらに、抗酸化作用のあるビタミンCも、同じくメラニン色素を抑えるほか、すでにできてしまったシミを薄くする効果も期待できるのです。

ほかにも、生薬成分であるセンキョウは、消炎と排膿の効能があるため、シミ対策にも良いとされていますよ。

また、紫外線はシミの大きい要因だとされています。

有効成分のニコチン酸アミドを体内に取り込むことで、肌のターンオーバーが正常な周期に整えられ、紫外線から肌を守るための角質バリアの形成に役立ってくれるでしょう。

授乳中にうれしい効能(2)栄養補給

生薬成分やビタミンが 豊富なロスミンローヤルで 栄養補給ができる
ロスミンローヤルのもうひとつの効能が、栄養補給です。

授乳中と妊娠中は、いつも以上にしっかりと栄養を摂っておきたい時期ですよね。

ロスミンローヤルなら、先ほどもご紹介した通り生薬成分や各種ビタミンなどが豊富に含まれているため、おすすめできます。

特に妊娠中つわりがあれば、十分な食事を摂れない日が数カ月続くこともあるでしょう。

そんなときに栄養を補給するため、ロスミンローヤルを活用してみてはいかがでしょうか。

ロスミンローヤルは一般的な栄養補給サプリメントとは違って、第三類医薬品に指定されているため、その効能が国からきちんと認められているということになります。

デリケートな時期だからこそ、安全なものであることは必須条件です。

その上で、しっかり効果も期待できるロスミンローヤルなら、納得して使用できそうですね。

ロスミンローヤルの公式サイトはこちら

授乳中にロスミンローヤルを服用する際の注意点は?

妊娠授乳期にロスミンローヤルを服用する場合は、必ず前もって担当医へ相談してください。また服用の際は用法・用量を厳守して、飲み過ぎないよう気をつけましょう。

事前に必ず医師へ相談しましょう

お医者さんへ相談

ロスミンローヤルが分類されている第三類医薬品は、比較的副作用のリスクが少なく、特別な資格を持っていなくても販売できるとされています。
そのため、基本的にロスミンローヤルを飲んでも健康上の問題は考えにくいでしょう。

しかし、公式ホームページでは、薬などでアレルギーを起こしたことがある場合や、医師による治療を受けている場合は、服用前に医師か薬剤師、登録販売者に相談するようすすめられています。

また、体調によっては極端に副作用が起こる可能性もあるそうなので、体調管理に注意したい授乳中、妊娠中の方も、担当医へ相談することをおすすめします。
きちんとロスミンローヤルの中身を確認してもらえるよう、成分の一覧を準備して見てもらうようにすると良いでしょう。

そして最初の頃は問題がなくても、飲み続けていると途中で体調が変化してくることも考えられます。
少しでも異変を感じたら、その都度、担当医に相談しておくと安心です。

尚、服用していると尿が黄色っぽくなる場合がありますが、これはロスミンローヤルに含まれているビタミンB2の一部が尿に混じることで起こるので、心配はないとされています。

正しい用法、用法を守ろう

ロスミンは 1日3回3錠ずつを目安

どの医薬品でも共通していえることですが、ロスミンローヤルも決められている用法、用量を厳守することが大切です。
ロスミンローヤルの場合は、1回3錠を1日に3回飲むことが定められています。(1日あたり9錠)食事を摂った後、30分以内を目安にして、水かぬるま湯と一緒に噛まずに飲み込んでください。
食前や食事中に服用すると、胃が荒れてしまう可能性があるため避けましょう。きちんとした食事が摂れない場合でも、できるだけ何かを口にしてから服用するようにしてください。

もし1日分のうち1回飲み忘れてしまった場合、その分はスキップして残り3錠を2回(計6錠)を服用します。

忘れた分も含めて1度に6錠摂取するなどは、成分の過剰摂取になってしまい健康上のトラブルが起こることもあるため、絶対に避けましょう。

また公式ホームページでも、用量以上に服用しても効果は高まらないと、説明されています。
きちんと正しい飲み方を守ってくださいね。

お届けサイクルなどにも工夫を

「定期コース」で注文

ロスミンローヤルの服用を継続する場合は、定期コースのお届けサイクル変更やお休みシステムなども上手に活用したいものです。
というのも、ロスミンローヤルを購入する際、実に86.4%のユーザーが定期コースで注文しています。
確かに通常購入よりも価格が安く、送料もかからないため、継続していく場合は定期コースが断然お得です。

しかし、子育てをしていると、忙しくて自分に構う時間がないという方も多いはず。
ほかにも飲み始めたばかりでうっかりしていた、などの理由でロスミンローヤルを飲み忘れてしまうこともあるかもしれません。

そうなれば次のお届けまでに飲みきれず、たくさん余って困ってしまいますね。
そんな時に利用したいのが、お届けサイクルの変更システムです。

定期コースは、毎月10日、20日、月末の3択でお届け日を指定できますが、次回お届けの10日前までに連絡すればいつでも変更が可能です。
そのため、余った量に応じてお届け日をずらすと、もてあますこともありません。
また、お届けを1回お休みすることもできますよ。

また定期コースには毎月1箱届くコース以外に、3カ月に1度3箱、半年に1度6箱が届くおまとめ定期コースもあります。
単位が大きくなるほど、安くなるため検討してみても良いでしょう。
少しでもリーズナブルな方が、子育て世代の家計にとってもうれしいですよね。
(参考元:公式サイト

ロスミンローヤルの公式サイトはこちら

なぜ授乳中や妊娠中にはトラブルがつきものなの?

妊娠授乳期には、ホルモンバランスが変化することなどによって、肌トラブルや栄養不足が起こりやすくなります。
シミもできやすいため、ロスミンローヤルでのケアがおすすめです。

そもそも授乳中のトラブルが起こる原因は?

妊娠中・授乳中は ホルモンバランスが乱れやすい

妊娠中や授乳中には肌や体調に様々なトラブルが起こるもの。
そしてその原因は、ホルモンバランスの変化にあります。
エストロゲンとプロゲステロンという2種類の女性ホルモンがありますが、妊娠中にはプロゲステロンが通常よりも増えた状態になるのです。

そのことにより肌が敏感な状態になって、様々なトラブルにつながっていきます。

また、産後になるとエストロゲンとプロゲステロンは減少し、代わりに母乳を作るためのプロラクチンという女性ホルモンがたくさん分泌されます。

こうしてホルモンバランスが大きく変化する上、子育てでの睡眠不足やストレスなども重なり、さらにバランスが乱れやすくなります。

さらに、母体から胎児や子どもへ栄養が供給されるため、十分な栄養が摂取できていなければ、母体は栄養不足にもなりやすいでしょう。

栄養が不足すれば、健康な肌を保つのも難しくなってしまいますね。

授乳中に気になりがちなシミ

シミが出来やすくなる

授乳中、妊娠中に起こりやすい肌トラブルがシミです。
シミは、メラニンという色素が集まってできているもの。
妊娠授乳期にホルモンバランスが通常の状態から変化すると、メラノサイトと呼ばれる細胞の働きが活発になり、このメラニンがより多く作り出されます。

さらには、紫外線を浴びることもシミを作る大きな要因だとされています。
授乳中と妊娠中は、もともと肌がデリケートな状態になっているためダメージを受けやすくなっています。
だからこそ、いつも以上に丁寧に肌をケアしていくことが大切です。

妊娠中は、ウォーキングなどの運動のために外に出ることも多いでしょうし、授乳中もある程度赤ちゃんが月齢を重ねると、外出する機会が増えてきますね。
そのため、ロスミンローヤルの服用とともに、帽子を被るなどの基本的な紫外線ケアも行うと良いでしょう。

ほかにも様々なトラブルが

小じわ・肌荒れ・ニキビも 同時にケア

シミのほかにも、様々なトラブルがあります。例えば、紫外線からの刺激や睡眠不足など、シミと同じような原因から起こるのが、小ジワです。
特に、30代に入ると20代までにため込んできた肌のダメージが小ジワになって現れてくる頃なので、さらに授乳中や妊娠中となれば、より一層症状が深刻化するかもしれません。

またホルモンバランスが崩れると、肌荒れやニキビも起こりやすくなってしまいます。
人によっては、湿疹ができたり、かぶれたりすることもあるため、もし複数のトラブルが重なれば大きなストレスになってしまいそうですね。

さらには、シミの一種である妊娠性肝斑(かんぱん)という症状もあるなど、妊娠授乳期は、とにかく肌トラブルだけでも大変負担がかかりやすい時期なのです。

だからこそ、ロスミンローヤルのように1つの医薬品で様々なトラブルのケアが同時にできればとても助かりますよね。

まとめ

妊娠中・授乳中でも ロスミンローヤルで美容と健康ケア

授乳中や妊娠中でもロスミンローヤルが服用できることがわかりました。ロスミンローヤルなら、妊娠授乳期に起こりやすいシミなどの肌トラブルや、栄養不足までをひとつでケアすることが可能です。
体調管理が大切な時期だからこそ、きちんと効能が認められた医薬品を選ぶのがおすすめです。

定期購入コースのお届け日変更や1回お休みできるシステムなどをうまく利用すれば、服用も無理なく続けられます。
ロスミンローヤルを活用して、美容面と健康面の改善を目指していきましょう。

ロスミンローヤルの公式サイトはこちら

おすすめ記事

1

Contents1 ロスミンローヤルの最安値・口コミ・評判・効果情報1.1 ロスミンローヤルを最安値で買う方法1.2 ロスミンローヤルの価格を徹底比較1.2.1 「楽天」でロスミンローヤルを検索してみ ...

-ロスミンローヤルの効果

Copyright© ロスミンローヤル最安値ガイド , 2018 All Rights Reserved.